サイズ・素材について

素材の詳細

マイクロファイバー素材

マイクロファイバーとは、ナイロンやポリエステルを原料とする合成繊維の一種です。最大の特徴は、その細さ。 8マイクロナノメートルという髪の毛の100分の1以下しかありません。一般的に繊維は細いほど柔らかく、吸水性も高くなります。 天然繊維の木綿と絹を比べた場合、絹の方が柔らかいのは繊維が細いからです。マイクロファイバーは、この極細繊維にさらに加工をほどこして吸水性と保湿性を高めています。ですから、よく水を吸い、しかも軽くて温かいです。 そのため、メガネ拭きのような固くてつるつるしたものをきれいにするためのものや、雑巾。さらにタオルや毛布、ヒートテックの下着などいろいろなものに利用されています。

ベロア素材

ベロア素材とは、ベルベットに似た感じの毛羽を持つ滑らかな光沢感の生地を指します。また、「ベロア仕上げ」というと、毛織物の両面を毛羽立てて加工した生地のことになります。実は、フランネルもベロア仕上げが施された生地の一つです。このベロアは、ベルベットに似た生地なので、よくべルベットと混同されています。ベルベットとベロアの違いは、その製造方法にあります。ベロアは、織物生地を起毛させることによって毛羽立ちを強くした生地のことをいいます。原料には、毛や絹、レーヨン、アセテート、コットンなどが用いられます。ドレスやコートなどの素材として、このベロア生地が用いられることもあります。

ポリエステル

ポリエステルとは、石油から作られる素材の一種で、衣料品の場合は紡績した「ポリエステル繊維」が使われます。ポリエステル繊維には大きく分けて3種類あり、一般的なのは「PET」と呼ばれるもので、ペットボトルの原料としても有名です。PETで作られるポリエステル繊維は、軽くて耐久性が高いのが大きな特徴です。染色性にも優れており、紡績方法や他素材を練り込むことで、天然繊維にような風合いを作り出すことができるため、さまざまな用途で広く使われています。また原価が非常に安く、機能性に優れた商品を低コストで作ることができるのも、ポリエステル繊維の魅力の一つです。

ポリアミド

ポリアミドとは、主に石油を原料とするる合成樹脂から作られた繊維のことをいいます。1935年にアメリカのデュポン社によって開発されたナイロン(ポリアミド)は、当初女性用ストッキングとして人気を集め、その後世界中へ広まっていきました。そして現在、世界でもっとも生産量の多い合成繊維はポリエステルですが、2番目に多いのがナイロンとなっています。耐久性の高さ、軽さなどの機能面とあわせて、合成繊維でありながら染色しやすいという特性も持つため、衣料品を中心に幅広く活躍している素材です。

綿

綿とは、木綿の種から取れる「種子毛(しゅしもう)」の事をいいます。なんだか難しいですが簡単にいうと、綿(ワタ)の木の種を守るために生える白いふわふわした部分が綿(コットン)になる、という事です。原産は約8000年以上前のメキシコといわれており、そこからインド・エジプトを経てヨーロッパ・中国へ、日本には平安朝初期に中国から輸入されました。主要生産国は、アメリカ・中国・インド・エジプトなどで、国土が狭い日本ではほとんど栽培されていません。また3年以上合成化学物質を使用していない農地で、合成化学肥料を使わずに育てられたものは「オーガニックコットン」と呼ばれ、環境面からも高い評価を受けています。

オリジナルタオル激安最速作成専門店「ARRROWSBRAND」

24時間受付中!ご不明点等御座いましたら、お気軽にお問合せ下さい。


■運営会社:株式会社ARROWS ■所在地:399-2566 長野県飯田市嶋87 ■営業時間:AM8:00〜PM5:00(土日祝休) ■納期:7営業日~ 弊社はオリジナルグッズの作成をしております。